菓匠 幸春(こうしゅうん)

幸春のこだわり

素材へのこだわり

和菓子はもともとシンプルな食べ物です。
小豆の香り、餡の優しい甘さ、お米の風味。
それら材料の本来持っている味を楽しんでいただくことが大切になります。
そのために、幸春では、それぞれの素材の産地や鮮度、保存方法にこだわっています。

製法へのこだわり

素材の持つ美味しさを活かすには、製法が大切なのは言うまでもありません。
特に幸春で使用する餡は、数少ない自家製餡。
小さな店ながらも餡は全て生豆から自店で作れるよう設備を整え、納得いく餡を作っています。
小豆の風味を多く残した餡、さっぱりした餡、特殊な白小豆の餡など自由自在に独特の餡が作れます。

また、保存料は使わずに作るため、賞味期限は短くなりますが、
その分「生もの」としての美味しさを十分に楽しんでいただけます。
職人の手作業で作る幸春の和菓子は、特に、季節の和菓子など、見た目の美しさにもこだわっています。

品質へのこだわり

ほとんどの和菓子はできたてが一番美味しい!
工場では、毎朝早朝から開店時間に間に合わせるように、次々と和菓子を作っていきます。
幸春高槻店では、工場と売り場が一つになっているため、できたてをお客様にお渡しすることが出来ます。
茨木店へは工場でのできたてを毎朝運び、お客様をお待ちしております。

Top